山口県応援隊 東京本部

平成26年7月5日、在京県人の交流の輪を広げるとともに、首都圏イベントなどを積極的に応援するため、新たな在京県人ネットワークとして「山口県応援隊東京本部」が発足しました。

平成27年4月8日には、53団体、111名の同郷会や同窓会の代表者が参加し、「山口県応援隊東京本部交流会」が開催され、村岡知事も出席して具体的な応援の要請もなされ、平成27年度の活動方針が採択されました。

平成27年度活動方針

山口県応援隊東京本部は、「活力みなぎる山口県づくり」を応援するため、首都圏において、ふるさと山口県の情報発信や売り込みの強化に積極的に協力します。

具体的にはまず、「やまぐちIJU(移住)サポーター」として、知人、友人に住みよいふるさとの情報提供に努めるなど、首都圏から山口県への移住希望者を、一人でも多く掘り起こします。

また、「やまぐち観光サポーター」として、観光情報等の積極的な情報発信に努めるなど、歴史や食、温泉など多彩で魅力あふれるふるさと山口県の一層の知名度向上に取り組みます。

さらに、「ぶちうま!やまぐちサポーター」として、多彩なやまぐち食材についてクチコミによる情報発信に努めるなど、首都圏での山口県産品の販路拡大を積極的に応援します。

加えて、在京県人の参加型イベントである「東京やまぐちフェスタ」をはじめ、本県ゆかりのイベントに積極的に参加するなど、力を結集して山口県の元気を発信します。

「山口県応援隊東京本部」の創設

趣旨

在京の同郷会、同窓会等が相互のネットワークを強化し、活力ある県づくりを東京から支援するため、「山口県応援隊東京本部」を創設。

概要
  • 「山口県応援隊東京本部」は、趣旨に賛同する在京の同郷会、同窓会その他本県ゆかりの団体をもって構成。
  • 山口県の情報発信、県産品の販路開拓、観光資源の売り込み、UJIターンの促進などをテーマとして、有志により支援。
隊員の皆様に応援していただく活動例
このページのトップに戻る