企業誘致情報

山口県の立地環境 7つのセールスポイント

東京営業本部(企業誘致センター)の私たちが、山口県の立地環境のセールスポイントをご案内いたします。

 

西日本の結節点、東アジアのゲートウェイ

山口県は、本州と九州の結節点に位置し、また、関西、四国、九州を含むエリアの中心にあります。

さらに、韓国、中国をはじめとする東アジアに本州で最も近く、グローバルな企業展開を視野に入れた企業の皆様に西日本の生産拠点として選ばれています。

西日本の結節点、東アジアのゲートウェイ
  • 高速道路を使用した場合
    高速道路を使用した場合

    小郡ICから広島・福岡まで約1時間50分で、岡山・大分まで約4時間で結びます。また平成29年3月には東九州自動車道が宮崎までつながり、山口県の拠点性がさらに高まります。

  • 新幹線を使用した場合
    新幹線を使用した場合

    新山口駅から広島・福岡まで約30分で、大阪までを約1時間50分で結びます。

リスク分散の適地

山口県は、地震や台風などの自然災害が少ない県です。地震回数については全国第3位の少なさで、地震保険の保険料率は最低ランクであり、コスト面でも優位になっています。

山口県における大正12年(1923年)以降の震度別地震回数
震度 1 2 3 4 5弱 5強 6弱 6強 7
回数 434 187 69 23 5 6 0 0 0

※ 気象庁「震度データベース」をもとに作成

2014年から30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布

資料: 地震調査研究推進本部

豊富な産業人材

優れた歴史的風土を持つ山口県は、伝統的に向学の気風に富み、全国的にも教育県として知られています。

県内には、山口大学、山口県立大学、山口東京理科大学、東亜大学をはじめとする大学・短期大学のほか、工業系の高等専門学校が3校あり、明日の産業を支える担い手が育っています。

古くから工業県として発展してきた山口県では学生の工業志向が強く、また、就業者の転職率が低いという特徴があります。

充実した交通網・産業インフラ

山口県は、陸・海・空ともに優れた交通インフラを備えています。

高速道路・一般道路

2本の高速道路(山陽自動車道、中国自動車道)が県内を横断し、九州自動車道に直結。道路舗装率は全国4位を誇り、「道路利用者満足度調査(平成17年度国土交通省)」では全国総合1位となりました。

鉄道

新幹線駅が5駅(新下関駅、厚狭駅、新山口駅、徳山駅、新岩国駅)あり、コンテナを扱う駅が4駅(下関駅、宇部駅、新南陽駅、岩国駅)あります。

空路

山口宇部空港、岩国錦帯橋空港(平成24年開港)から羽田便が運航(それぞれ10往復/日、4往復/日)され、所用時間は片道1時間30分です。両空港とも航空機搭乗者の駐車料金が無料になるサービスを完備しています。

港湾・航路

山口県の瀬戸内海側においては、多くの島々や半島に囲まれた天然の良港を形成しており、中国、韓国等の東アジアに近いことから、2つの国際拠点港湾(下関港、徳山下松港)と4つの重要港湾(岩国港、三田尻中関港、宇部港、小野田港)があり、自動車関連、石油化学関連製品の取扱いが多いことが特徴です。

特に、徳山下松港、宇部港は「国際バルク戦略港湾」に、下関港は「日本海側拠点港(総合的拠点港)」に選定され、本県港湾の優位性を更に高めています。

また、下関港は、韓国(釜山)、中国(青島、蘇州)に、全国最多となる3つの国際定期フェリー航路を持ち、東アジアとの交流の窓口として発展しています。

充実した交通網

電力供給・工業用水

山口県では中国電力等により安定した電力が継続的に供給されており、また、工業用水も全国1位の供給能力を備えています。

充実した産業集積

山口県は鉄鋼、石油、化学製品などの基礎素材型産業に加えて、輸送用機械の製造も盛んです。自動車の「マツダ」、鉄道車両の「日立製作所」、造船の「三菱重工業」など、大手輸送用機械メーカーが揃い、その周辺に関連産業が集積しています。

近年では、医薬品分野や環境分野の進出がめざましく、医薬品の分野では、多くの医薬品製造拠点が山口県に立地し、年間の医薬品生産額は全国上位に位置します。

山口県の主要企業一覧(PDFページにリンクします)

全国トップクラスの優遇制度

工場新設などの設備投資や、新規雇用に対して、最大30億円を上限(要件あり)補助する「山口県企業立地促進補助金」や、産業団地の取得に係る経費について最大で80%補助する「山口県産業団地取得補助金」を用意しています。

その他にも、企業立地促進法に係る課税の免除や超低利融資制度もありますので、詳しくはご相談ください。

ワンストップサービス実施中

山口県の立地環境について、詳しく知りたい方は、ぜひ、山口県東京営業本部・東京企業誘致センターへお問い合わせください。

企業の皆様の立地について、私たちがワンストップで対応いたします!

担当者 副本部長(センター長): 高林 謙行(たかばやし のりゆき)
主査(副センター長): 原田 浩(はらだ ひろし)
主事: 原田 悠生(はらだ ゆうき)
連絡先 東京都千代田区霞ヶ関3-3-1 尚友会館4階 山口県東京営業本部
TEL: 03-3502-3355 / FAX: 03-3502-5470
メールアドレス takabayashi.noriyuki@pref.yamaguchi.lg.jp
harada.hiroshi.02@pref.yamaguchi.lg.jp

県内の産業団地や事業用地の情報をはじめ本県の立地環境の詳細は、山口県企業立地推進室HP「山口県企業立地ガイド」に掲載していますので、是非、ご覧ください。

希望の女神の贈り物
このページのトップに戻る